×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

転勤したくないから転職するのはあり?

転勤したくない!そんな気持ちはわかります。でも、次の転職先を見つける前に会社を辞めてしまって後悔した人が大勢いるのです。

 

すぐ決まると思っていたけれど求人自体が見つからなくって…

「東京だし」「まだ20代だし」「とにかくもう職場に行きたくないし…」などと、辞める理由ばかりが浮かんでしまって、そして結局次の仕事がないまま辞めてしまったことがあります。

 

まあ、先にも上げた通り「若いし」「求人がもっとも多い東京住まいだし」というところで、なんとかなると思ってしまったことが大きいのでしょうね。

 

その当時はとにかく、すぐに辞めたくって仕方がなかった心境でした。

 

実は勤めた当初から「なんかここイヤな職場かなー?」と、不安に思うところは大きかったのですが、けれどもそれでも「仕事をすぐに辞めてはいけない」と、1年以上は続けました。

 

けれども1年が経過した時点で「もう、頑張ったよね」という気持ちがものすごく強くなってきて、結局次の仕事がないまま辞めてしまったのですよね。

 

1ヶ月ぐらい前には、辞職の意志を伝えてはおこうと思い上司に伝えたところ、いい意味でも悪い意味でもフレキシブルな職場でしたので、「あ、もう辞めてもいいよ」ということでしたので、結局その後1週間ほど勤めて、もろもろ引き継ぎもおこなって辞めました。

 

しかし、いざ辞めたはいいけれど、しかし次の仕事がなかなか見つからずに、非常に焦りはしましたね。

 

とは言え、「選ばなければある」のですよね。

 

しかし、もう失敗をしたくないので「選びたい」のです。

 

すると、なかなか良い求人が見つからない…。そして約3ヶ月は無職期間となりましたね。思ったよりも時間がかかってしまいましたが最終的には見つかってよかったです。

 

→リクナビNEXTはこちらから。・・・可能なら在職中から求人ぐらいには目を通したほうが辞めた後の段取りがたちます。

 

 

転職先を決めずに退社 待っていたのはお金の苦労

 

 

転職は数度行いました。職場が変わるたびにまあまあいい感じでステップアップしましたが、最初の時だけはかなり苦い思いをしました。

 

というのも、転職先を見つける前に会社を辞めてしまったからです。

 

今でいうブラック企業で、残業代は0、モラハラの嵐の会社だったので、耐え切れずに後先考えずに辞表を提出しました。

 

その時はストレスから解き放たれて、自由な気持ちになったのですが、清々しいのはせいぜい一週間です。

 

次の給料は入るとしても、来月からは無収入です。失業保険の請求手続きはしましたが、自主退職ですのですぐにはもらえません。もらうための手続きも面倒で、面接に行くたびに「早く働け」という無言のプレッシャーを感じます。

 

私の場合、大きな買い物をしたばかりだったので貯金がほとんどありませんでした。

 

ひと月半くらいは何とか節約しながら食べられましたが、その後は地獄でした。

 

就職活動には交通費や、外出先でのランチ代などもかかりますから、その出費を抑えるために、歩ける範囲で歩き、バッグにはいつも家で作ったお握りを入れていました。

 

貧しいと気持ちも貧しくなってきて、就職面接でも余裕の笑顔がなかったように思います。このせいでなかなか次の就職先が決まりませんでしたが、退職後三か月目に突入するという時にようやく次の職場が決まりました。

 

その時の所持金は2000円ほどで、貯金残高は7000円でした。

 

あんな思いは二度としたくないと思い、次からは転職先を見つけてから退職するようになりました。

 

→辞めた後に後悔しない「雇用保険」「年金」「健康保険」のまとめ・・・仕事を辞めたらハローワークで雇用保険の申請をしておきましょう。