×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

顧客のためになる仕事がしたい!

大学を卒業してすぐ、某大手生命保険会社に就職したのですが、その会社の体質やノルマについていけず、人間関係もうまくいかず、うつ病になってしまいました。

 

そして、出勤することはおろか、家から出ることすらできなくなってしまい。たった2か月半で、私はその会社を辞めました。

 

そのような状態で仕事を辞めたので、当然次の仕事を見つける余裕なんてありませんでした。

 

どうすることもできなくなってしまって会社を辞めたものの。

 

「仕事を失った自分は、どうやって生きて行けばいいのか」。

 

「再就職はできるのか。」

 

と、とても不安でした。

 

一人暮らししていたので、とりあえず実家に帰り休息しつつ転職活動を始めました。

 

3か月かけて転職活動をしました。

 

いくつか会社の面接もしてみましたが、どれもピンと来ず、お断りしたり、向こうから断られたりしていました。

 

そんなある日、地元の公的機関のアルバイト職員の募集を、インターネットで見つけて、すぐに申し込みに行きました。

 

その場で面接と簡単な筆記試験を受け、アルバイト登録をし。半月ほどで、お声がかかりました。

 

そこで働くことに決め、半年後には非常勤職員の試験に合格し、立場がランクアップしました。

 

仕事内容も私に合っていて、天職を見つけたと思っています。

 

あのとき、思い切って仕事を辞めて、転職して良かったと思っています。

 

顧客のためになる仕事がしたい!

 

20歳の時にずっと就きたかったアパレルの仕事に就くことが出来てから、毎日がすごく楽しくて充実していたのですが、店長が変わってから仕事のマニュアルがガラッと変わってしまい、納得のいかないことがたくさんありました。

 

たとえ自分が正しいことを言っていても、店長が変わって違うと言えばそれは違くて、少し言い返すだけで理不尽な嫌味も言われたりしました。

 

仕事内容は大好きだったのですが、店長のやり方についていくのは精神的にも辛くて、楽しかった仕事が行きたくない仕事に変わってしまい、ズル休みをしたこともありました。

 

そのままでは自分自身もダメになってしまうと思い、環境を変えたくてすぐにでも仕事を辞めたいと考えるように。

 

しかし、次の仕事を見つける前に辞めてしまっても収入源がなくなり、ローンの支払いや生活するお金も入ってこなくなります。

 

それは良くないと思い、次の仕事を見つけてから辞めようと思いましたが、中々思うように仕事を見つけることが出来ずに時間ばかり過ぎて行きました。

 

けれども仕事に耐えきれずに今すぐにでも辞めたい気持ちの方が大きく、店長に嫌味を言われた勢いで辞めてしまいました。

 

辞めてからは外食を控えたり友達と遊ぶのも抑えて、なるべくお金を使わないようにして常に節約を心がけていました。

 

約2ヶ月間無職で生活は質素でしたが、精神面はとても軽くのびのびとしていられるようになって、次の仕事を見つけずに辞めてしまってもなんとかなるものだと思いました。